しらきちーずのあり方ーしらきちが発信する理由ー

生き方

「言葉、行動には生きる意欲を湧かせる力がある」

いきなりタイトルの結論から述べます。

 

しらきちが発信する理由は

「言葉や行動、生き方を発信することよって、誰かの生きる意欲に繋がってほしいから」

です。

 

なぜなら、私が病気になって一番苦しかったことは、生きる意欲が無くなったことでした。

日常の何気ない場面で

・なんで生きているんだろう

・生きる意味があるのか

・自分は何をしたいのだろう

ということをよく一人で考えていました。

 

このような問いは、一人で考えていても決して答えは見つかりませんでした。

 

同じような悩みを抱える誰かと話したり、どう対処していたか話を聴ければ、気持ちも楽になったかもしれません。

 

でも誰かと話せる状態ではないほど、心は消耗していました。

 

なので、そういう時は決まって苦難を乗り越えてきた偉人たちの名言を読みました。

彼らの言葉には生きる意欲を湧かせる力がありました。

「誰がそれを言ったのかで言葉の価値は変わる」

言葉は文章にすると、いつ、誰が、どこで発したものであったとしても、同じ文面になります。

書き方は一緒です。

 

でもその言葉の持つ価値や影響力はどうでしょうか。

 

自分が信頼している人が発する言葉と、通りすがりの人の言葉は同じ価値があるでしょうか。

 

多くの方にとって、答えはNOでしょう

 

言葉とは、なにを言ったかだけではなく

誰がそれを言ったのかで価値が大きく変わるからです

「行動の上に言葉が成り立つ」

私の好きな偉人にマイケルジョーダンというバスケット選手がいます。

マイケルジョーダンとは・・・

マイケル・ジェフリー・ジョーダン英語: Michael Jeffrey Jordan, 1963年2月17日 – )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。NBAシカゴ・ブルズワシントン・ウィザーズでプレーした。その実績からバスケットボールの神様とも評される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マイケル・ジョーダン

彼はこう言っています。

“I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.” 

「キャリアを通して9000本以上のショットを外してきた。300試合以上負けている。26回、決勝ショットを任されながらも外している。人生において私は何度も、何度も失敗してきている。だからこそ成功した。」

 

言葉はその人の行動や生き方の上に成り立つものです。

 

まず行動があり、言葉の力が生まれます。

 

もしマイケルジョーダンがこれまでの偉業を成し遂げておらず、練習を疎かにし、結果の伴わない選手だったら

この言葉は人々の心に響かなかったことでしょう。

 

これは私のブログでも同じことが言えます。

 

私がこのブログで、

こうしたほうがいい

こう考えた方がいい

と言っても、私自身が実践していなかったり、

実践していても、結果が伴っていなかったら

その言葉に価値や影響力はないでしょう。

 

また、読者の皆さんが、しらきちのことをよく知らなかったり

私の発言が信頼に値しないと感じた場合も同じことが言えます。

 

だから、まず私は今までの経験とブログを書くという行動を発信することによって、こういう人もいるんだと知ってもらいたい。

 

どん底と思えるような状況の中でも、もがきながら生きている人もいると知ってもらいたい。

 

その上で、誰かの気持ち「生きる意欲」に届く生き方を発信していきたい。

 

このブログはその方法の一つにすぎないのです。

「言葉の力」

 

これは何も私に限った話ではありません。

 

あなたの言葉も誰かにとって「生きる意欲」に繋がることがあるでしょう。

 

必要な時に必要な人に、その言葉と行動が届きますように。

 

だから私は今日もこうして発信を続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました